脱毛の手段

女性なら誰でも避けては通れない無駄毛の処理。アイススケート02

 

脱毛の方法には、自宅で行う脱毛、エステで行う脱毛、クリニックで行う脱毛と三種類に分けられます。自宅で行う脱毛の方法には、「カミソリで剃る」、「毛抜きで抜く」、「脱毛テープや脱毛ワックスで毛根から剥がす」、「脱毛クリームで毛を溶かす」などがあります。自宅での脱毛の方法は一時的な脱毛に過ぎないので、いつでも気軽にでき安い金額で脱毛することができる反面、自分の肌の状態をよく把握してから行わないと皮膚を傷つけてしまい肌トラブルが起きることがあります。薬品などを使用する場合は、パッチテストを行いましょう。エステで行う脱毛の方法には、「電気脱毛」、「光脱毛」の二種類に分けられます。

 

「電気脱毛」とは、針を使用して一つ一つの毛穴に電流を流し込み毛根を破壊する方法です。肌への負担も少なく、破壊された毛根は再生しないため永久的な効果が得られる脱毛の方法と言えますが施術時間がかかり痛みが出ることがあります。「光脱毛」とは、光のエネルギーを利用して毛や毛根付近のメラニン色素に反応させ焼灼させる方法です。メラニン色素以外の組織への影響はないため痛みもあまり感じず肌への負担も少なく、施術時間も短く済みます。エステでの脱毛は痛みが少なく料金も比較的安価で済みますが、しつこい勧誘や多大な追加料金などされる場合がありますので見極めることが大事です。クリニックで行う脱毛の方法には、「絶縁体脱毛」、「レーザー脱毛」の二種類に分けられます。「絶縁体脱毛」とは、特殊なコーティングが施された針に電気を流し毛根部を破壊する方法です。体中どの場所の毛でも永久脱毛ができますが、1本ずつ処理をするので時間がかかります。

 

「レーザー脱毛」とはメラニン色素に熱を与えて毛根を焼灼させる方法です。一度にある程度の面積を処理するため施術時間は比較的短くなりますが、メラニン色素の多い日焼けした肌にはレーザー脱毛は行えません。また施術後に肌が軽いやけど状態になる場合があります。クリニックでの脱毛は医師が施術するため、皮膚の状態を見ながら行い、肌トラブルなどの際に適切な対処をしてくれる安心面がありますが、保険がきかないため料金は高くなります。